×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブレイヴの扱い

ブレイヴに対して、何枚の合体可能スピリットを入れるのが最適かの考察
ブレイヴは基本的には単体では役に立たないケースが多いので、
合体対象となるスピリットと同時に手札に無ければならない。
そこで、この条件を満たすための条件を考えてみる。

●基本設定
・デッキ枚数40枚
・ドロー数10枚

●例1)
ケルベロード3枚に対して、何枚の合体可能(コスト5以上)のスピリットが最適か

スピリット枚数合体確率
1 0%
2 15%
3 27%
4 35%
5 42%
6 47%
7 50%
8 53%
9 55%
10 56%
11 57%
12 58%
13 58%
14 58%
基本的に6割を越え無い。

【結論】
自然にブレイヴが入らない場合は、5,6枚に抑えるのがポイント


●例2)
バニラブレイヴ6枚に対しては
スピリット枚数 合体確率
1 0%
2 22%
3 38%
4 51%
5 60%
6 67%
7 72%
8 76%
9 79%
10 81%
11 82%
12 83%
13 83%
14 84%

基本的には8割ほど。

【結論】
3種8枚ぐらいがベストだろう。
1枚ほど前後しても良い。